WiMAXはクーリングオフできるのか

WiMAXのクーリングオフに関してですが、今まではできませんでした。

ですが、2016年5月21日に新しい制度が導入され、クーリングオフと似たような形が取れるようになりました

その制度は「初期契約解除制度」という名前で「WiMAXの端末到着日を1日目とし、その後8日以内に端末の返品と申請書が確認できれば、契約解除が可能」といった制度になります。

クーリングオフとは内容が違いますので気を付けてください、初期契約解除制度は今までクーリングオフの対象外だった移動通信(携帯電話やモバイルルーターなど)と固定通信(光回線やケーブルテレビなど)を対象にされた制度になります。

インターネットの訪問契約や店舗での望まない契約などが増えたことによって生じた、消費者の被害を減らすために新しく設けられました。

その制度がWiMAXにも適用されていますので、契約したが電波のつながり具合が不十分で満足に使うことができない場合や、事業者によって説明された内容が不十分だった場合などに8日以内で解約料金を払う必要なく解約できます。

初期契約解除制度に必要なものと費用

この初期契約解除制度ですが端末の返品と同時に必要な書類があります、それは初期契約解除をしますという申請書です。

この申請書に必要な内容を記載して送る必要があるのですが、記載内容は契約をするプロバイダーによって異なりますので詳しい内容に関しては各プロバイダーの重要事項等で確認してください。

UQコミュニケーションズであれば初期契約解除制度の様式が印刷しやすいように準備されています。

申請書と端末の返品をして契約は解除されます、ですが初期契約解除制度を利用してもかかってしまう費用があります。

まずは契約するにあたってかかった事務手数料は当然ですが払う必要があります、契約を解除し端末を返品するまでにかかった電気通信の料金は日割りで請求される場合があります。

また端末の返品などにかかる郵送料も利用者の負担となります。

万が一端末の返品が期日までに間に合わなかった場合、機器損害金として端末の代金を取られますので利用する場合は期日に気を付けましょう。



TOP PAGE